読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ備忘録

誰にも言えない、悶々とした30越えの私の考え。

おみまい

今日は本来なら、息子の面会の日にちでしたが、相手方が精神的な病気のためにキャンセルとなりました。


離婚してから、もう2年半近く経ちますが未だに相手方がおかしくなってしまった事が悲しくて仕方ありません。(新鬱と言われて5年くらいかしら)


こんなギスギスした社会で

精神的な病気はいつ何時、誰がなってもおかしくないとは思うのですが

相手方に病気が降りかかった時に、自分を責めました。

とにかく本を読んで理解に努めたりしたなぁ。


相手方の姑は私をじわじわ責め、

相手方もじわじわ私を責め、

その中で育児とパートと相手方のひいおじいさんのちょっと介護したり。


その時、世界に色は付いてませんでした。どれくらい役所にキャパオーバーって相談したか…

やっとお役所の専門部署にたどり着いたら『それ、DVですよー』って言われたという…。



本来なら、病気になった事は自分の問題ではなかったので切り離して考えないといけないのですが、


私には虐待された生育環境があった為に他人の目を異常に気にしすぎること、その時は家族だった事もあり、

切り離して考える事は出来なかったので、息子が生まれて3年位、元夫の様子を見ながら暮らしてました。


急に仕事辞めてきたって言われて絶望したなぁ。

当時は、生活費の為と自分が壊れないために小さい息子を認可外保育所に入れてパートに出てましたが生活もままならず、ただ真綿で首を絞められるような暮らしでした。

(義母と元夫には、

みっともないから子供が小さいうちは外で働いて欲しくないと言われてました。)

そして、どんどん酷くなる相手方。

義母もひどかったなぁ。


今は色も感情もほとんど戻りました。

しかし、昨日中止の理由を面会の係りの方から聞いた時は、気持ちがぎゅーっと悲しい方向へ持って不安定になりました。

もう、離婚しているし、あれだけひどい事をされていて、今の私には関係ないのになぁ。


未だにそういう事があるので、治るものも治りません。


カウンセラーさんによると、DVされた年数の倍は受けた傷は薄くならないとお話されました。


どうして自分の人生が思い通りにならないからと言って身近な他者の相手を追い詰めたり、嫌な事を言ったりするのでしょう。

嫌な事をしたら嫌に決まってるのに。


私の苦手な言葉に

『いやよ、いやよも好きのうち』


というものがありますが、

なんて相手の事を考えていない言葉なんだろうとゾッとします。

自己都合で脳内で勝手によくしちゃってて怖い…。


『嫌』って言われるって、

そこまでいくと建前じゃないだろうよー!!

態度でなんとなく嫌われる、慕われるってわかると思うけど、

自己愛さんは人の気持ちがわからないから、そんな恐ろしい考えがひらめいちゃうのかしら…。


嫌なものは嫌だし…

相手の気持ちを尊重して自分の事も大切に思える子供に息子はなりますように…。


ただ吐き出しで感情を書いているので乱文したり読みにくいし、

自分で読み返すことも息苦しい位の事なのですが

どこかに出さないとパンクしてしまう…。

本当にいらない情報をお見舞いされたわ…。