読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ備忘録

誰にも言えない、悶々とした30越えの私の考え。

さよなら おかあさんといっしょ

3月の今日。

9年という長きお勤めに終を告げた方がいます。

この方に助けられたというおかあさん多いのではないのでしょうか。

 

横山だいすけさん。

おかあさんといっしょの歌のお兄さんです。

息子が1歳くらいから見始めたので5年くらい大体ずっと

毎日テレビで見続けています。

お姉さんは昨年に卒業されているので

この 二人がいなくなってかなりの悲しみ。

 

子供のために最初は一緒にみるのですが、

見ていくうちに自分がハマるという魔の子供コンテンツ。

 

だいたい働いていて子供も同じ時間軸で動かさなくては

家庭の運営がまわらないので見られるテレビが少ないので

貴重でした。

 

しかもだいすけお兄さんは被り物やちょっと変なキャラをやらせたら

ものすごい面白いのです。

 

たくみお姉さんも美人で面白かったけれど

メロンパンの被り物やらイルカやらかっぱやら。

 

最高だったのは『かぞえてんぐ』というコーナー。

数を数えることに快楽を覚える天狗という

子どもにとっていいのか悪いのかわからないキャラ。

 

喋り方も『ねーこちゅわぁ~ん』とか

不二子ちゃんに鼻伸ばしてるルパンの感じで

寸劇しているキャラ達で喋り、

最後にお子様たちと数がカウントできると

天狗の鼻から花が咲くというなんだかギリギリの設定。

いいのか悪いのかわからないけど面白い。

 

このコーナーがあったおかげで、忙しい朝から笑いをもらい

親子共々、行かなくてはならない場所に向かう元気をもらいました。

 

 

 

それでいて毎年3月くらいから泣かせる歌を歌ってくる…

 

 

今日はお別れの挨拶と新任のおにいさんのお披露目でした。

 

だいすけお兄さんの卒業が決まったときに

twitterの父母アカウントにたくさんの嘆きが流れるとともに

トレンドになるくらい。

うう、寂しい…。子供の方が案外環境の変化には柔軟なんだよなぁ。

 

息子が赤ちゃんの時からのおかいつメンバーは体操のお兄さんのみに

なってしまいました。

これを期に、というか小学生になるので

おかいつは親子ともども、卒業の時がきてしまいました。

こういう時に子供の成長をひしひし感じます。

 

五体投地ポケモンゲットだぜーとか

ニンテンドーにはまる未来が待ってます。